育毛剤の良い選び方・知識・成分

薄毛の原因は、生活環境や遺伝やストレスなど様々な影響があり人により違うそうです。育毛剤を選ぶ大事なことは、成分と症状と満足感。

育毛剤の成分は日々進化していて新しい成分の入った育毛剤が出たり、今出回っている育毛剤の中身が改良されたり、今まで人気の育毛剤が売れなくなったりとか。ですので育毛剤の成分に関しては詳しく知っておいた方がいいと思います。

育毛剤の知識


それと、実際に利用者からの口コミを聞いてみるのが一番だと思います。ただし、コミも良いことばかり書いているサイトは気を付けた方がいいと思います。サイト運営者の営利目的の可能性も考えられますので。

育毛剤の種類は100種類以上もあり、毎年何十種類もの育毛剤が誕生しています。特によく耳にする、育毛剤ランキングで上位の商品でも実際に使ってみて効果が期待できなかった。なのでそれ以外の期待できそうな商品を紹介していきたいと思いす。

育毛剤の良い選び方ですが、まずどのような症状で、あとお財布と相談して毎月購入できるか。次に副作用(できものや赤み)がでるか。最低6か月位は使ってみる。

詳しく説明しますと、育毛剤は年代別、性別、抜け毛や毛が細いなどの悩み、薄毛の型形(M字、O字、U字)の症状など、自分が何で悩んでいるかでまず選ぶようする。それと、育毛剤の効果はすぐにでないことが多いので、自分が購入できる範囲内の育毛剤をえらぶ。

あと実際に使ったことのある人の口コミを参考にしてみると。ヤフーやグーグルで育毛剤○○の口コミとかで検索するとヒットしますので。だだし、良いことばかり書いている記事には注意したほうがいいです。自作自演のサイトの可能性があります。

私自身も育毛剤を使ってますが、やはり最低3~6か月以上使用してみないとなかなか、はっきりと効果が分からないと思います。

最後に、初めて育毛剤を使われる方のアドバイスですが、最初は商品に明記してますが医薬部外品のものを使用することをオススメします。まず値段が比較的安いのと、体への副作用が少ないことです。医薬品の育毛剤は、副作用を起こすデメリットがあるそうです。

例えば、

循環器系の異常(血圧低下、心拍数の増加、心筋梗塞など)
皮膚の異常(かぶれ、発疹、かゆみ、ふけ)
神経系(頭痛、めまい、手足のむくみ、体重の増加など)

上記の症状は、必ず現れるものではないそうですが、人によっては副作用を伴うということを理解しておいた方がいいと思います。あと効果があっても、継続使用しないと抜け毛が進行する様なので継続使用はしたほうがいいようです。

育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤(医薬部外品)は、髪を発毛するのを助けるもので、髪をはやすものは発毛剤です。又、髪を育てる(育毛)と抜け毛予防は、育毛剤・発毛剤共同じだそうです。

育毛剤は、副作用はほとんどないそうです。でも発毛剤は、副作用があるそうです。説明書の注意書きをよくみた方がいいようです。

効果が高ければ高いほど副作用に注意した方がいい様です。初めて使用する方は、副作用がほとんどない育毛剤から使用してみてはいかがでしょうか。

比較的安いものから使ってみて、どうしても効果が見られないようなら発毛剤や専門の病院を考えてみてはいかがでしょうか。

育毛剤の良い選び方

自身の症状がどんなものか理解したうえで選ぶ。例えば、性別、年代、抜け毛の度合い、細い、M字やO字やU字薄毛などの症状、家系(遺伝よりも、生活習慣が似ることで太りやすいとか)など人それぞれです。

遺伝、AGAの影響で薄くなって来ている人が、ジヒドロテストステロン(脱毛ホルモン)を抑える成分がない育毛剤を使っても効果が低く意味ないそうです。

頭皮のかゆみや炎症やフケで禿げてきている人がミノキシジル配合の育毛剤を使うと刺激が強く、症状が悪化するそうです。

お財布と相談して、毎月続けられる値段のものを選ぶ。途中で育毛剤をやめてしまうとまた元の症状になる可能性大だそうです。一生付き会っていくものだそうです。

口コミをネットなどで、調べてみてください。良いことばかりかいているサイトは信用しない方がいいみたいです。(営利目的で紹介しているようです。)

私自身の経験からですが、育毛剤は即効性はないですので、6が月位使ってみてから発毛剤へ切り替えた方がいいと思います。ちなみに私は50代ですが、十分育毛剤で抜け毛止まりましたし、髪も太くなりました。何種類も試してみました。

育毛剤は、普通5,000円~10,000円ぐらいします。ですので、どうしても付ける量や回数が少なくなってしまう方が多いようです。が1日2回、適量を正しく付けることが最低条件だそうですので、ケチらず使用しましょう。

育毛剤の浸透力を高める為に、育毛機器や赤外線ドライヤーの使用している熱心な方もおられるみたいです。今頃の育毛剤は、全額返金保証が付いているものも多いので、(使用していても返金OK)家計にやさしいです。

生活習慣

薄毛の原因は、生活習慣の乱れからきているそうです。睡眠不足や仕事によるストレス、たばこ、食の欧米化による偏った食生活など。

どれも薄毛の原因になるそうですので、まずは、生活習慣を見直すことから始めてはいかがでしょうか。

食生活

育毛で一番大切なことは、バランスよく食事を摂ることだそうです。髪の毛は、食べた物から生成されるもので、栄養が不足していたり、偏っていたりすると育毛剤の効果がないそうです。

髪の毛は、タンパク質で形成されており、摂取することは大切なことですが、多く摂取すると脂質も多くなり皮脂分泌により毛穴を詰まらせる原因になるようです。その為に、ビタミンやミネラルなどの栄養も摂取することが大切だそうです。

良質なタンパク質を摂る。代表的なものに大豆(豆腐、納豆、みそ)で、脂の摂りすぎがなく、食べやすいのがいいです。大豆の成分イソフラボンが男性ホルモンの過剰分泌を防ぎ抜け毛を防ぐそうです。

イソフラボンは、AGA(円形脱毛症)の原因である、ジヒドロテストステロンの生成を防ぐそうです。

ビタミンAを摂る。ビタミンAは、頭皮や髪の毛の健康に欠かせないもので、かぼちゃ、にんじん、ほうれん草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれているそうです。食べ方は、油で炒めたり、サラダにして食べるのがいいそうです。

ビタミンB6を摂る。血液を作ったり、アミノ酸の代謝にかかせないもので、マグロやかつお、サバ、アジなどの青魚(高たんぱく質で消化がいい)を食べるのがいいそうです。

ビタミンDを摂る。カルシウムの吸収を良くするもので、カルシウムは、髪の黒い色素を作ってくれるそうで、主に魚を食べると髪にいいそうです。

ミネラルを摂る。塩分、亜鉛、銅、カリウム、ナトリウムなどの物質のことで、牡蠣や青魚や緑茶などが多く含まれているそうです。特に亜鉛は、脱毛を抑える効果があり、代表的な食べ物に牡蠣は、亜鉛以外にもアミノ酸も多く含まれています。

ネギ科を摂る。玉ねぎやニンニク、ニラなどは、アリシンという物質が含まれており、血流を良くする働きがあるそうです。

以上最低限気を使わなければいけない食生活です。バランスの摂れた食生活を心がけて、髪の毛のために頑張ってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする