AGAに使う薬剤プロペシアの効果と副作用

プロペシアは、発毛剤ですので、生えてこなくなってしまった部分からまた髪の毛が生えてくる効果が期待できるといいます。

AGA治療専門の薬ということもあり、その他の原因によるものには全く効果を発揮しません。

プロペシアの効果

AGAクリニックで最も一般的な処方薬です。

効果は、AGA(男性型脱毛症)の改善が期待できるそうです。

  • 抜け毛が少なくなる
  • 毛が太くなる
  • 髪の毛が伸びてくる
  • 薄い部分から毛が生えてくる

といった効果があるそうです。

そのため、例えば、血行不良による脱毛症には、全く効果がないといわれています。

AGA(男性型脱毛症)発症の流れ

・睾丸からテストステロン(男性ホルモン)が分泌される

・テストステロンが血液中に入り全身に廻る

・体内中の5αリダクターゼ(酵素)とテストステロンが結合

・DHT(ジヒドロテストステロン)が作られる

・DHTが男性の頭部の毛母細胞に作用する

・髪の毛の成長を妨げる

・AGA(男性型脱毛症)の発症

フィナステリドとは?

プロペシアに含まれている有効成分で、フィナステリドが5αリダクターゼの働きを抑制くれて、テストステロンと結合しにくくなり、DHTの数が減るそうです。

よって、男性型脱毛症(AGA)が発症しなくなるそうです。

プロペシアでAGAの効果が期待できない人

プロペシアの有効成分(フィナステリド)が5αリダクターゼ対策に効果があるそうですが、5αリダクターゼには、1型と2型の2種類が存在していて、効果があるのが2型のみだそうです。もし1型の場合は、プロペシアは効果がないそうです。

1型の5αリダクターゼに効果があるのが、ザガーロという医薬品だそうです。

又、AGAクリニックでは、ミノキシジルやザガーロなどと併用してプロペシアを使用することで、効果が出るみたいです。

プロペシアの副作用とは?

男性の1%~2%の方に以下の副作用が発生しているそうです。

・性欲の低下

・ED(勃起不全)

・精子の減少

・男性性器の痛み

元々、プロペシアの有効成分(フィナステリド)は、前立腺肥大症の改善する薬として開発されていたようで、性的影響を受けてもおかしくないと思います。

でも発生確率はかなり低いので、安全性は高いと思います。頭皮に傷みや眠気などの心配もないそうです。

又、女性がプロペシアを使用しても全く効果がないそうです。しかし女性には副作用があるので絶対に使用しないでください。

妊娠中の女性の胎児に影響を及ぼすかもしれないそうです。胎児が男の子の場合、生殖器の異常が発生するかもしれないそうです。

又、未成年の方の使用は、身体が未発達の為に肝機能に障害が出る恐れがあり、使用はしてはいけないそうです。

プロペシアを処方してもらう機関

プロペシアは、一般の病院でも処方してもらえますが、医師がプロペシアの知識を知らないケースが多いそうで、やはりAGAクリニックで処方してもらう方が良いそうです。

AGAクリニックの医師は、危険性を熟視したうえで処方してもらえるので、安全性があります。又、事前に検査を受けられますので、個人に合った発毛剤を用意してもらえるみたいです。

例えば

・1型の5αリダクターゼの影響を受けている場合には、ザガーロをすすめてもらえる

・2型の5αリダクターゼの影響を受けている場合には、プロペシアをすすめてもらえる

※AGAクリニックでは、各個人の薄毛に合った医薬品を処方してもらえる強みがある様です。

育毛剤の副作用とデメリット

副作用ですが頭皮にかゆみや赤みがでることがあるそうです。あと医薬品の育毛剤だと、薬剤師の方より心臓疾患などありますかと尋ねられます。育毛剤には染みる要素がありますので、心臓が弱い方にはオススメできないそうです。

医薬部外品なら大丈夫です。あと全般的に頭皮の荒れてる方は、育毛剤の使用はやめておいた方がいいそうです。その他に、育毛剤の成分に血管拡張剤のミノキシジルの副作用で、血圧の低下やかぶれに、癌(がん)のリスクもあるようです。

ただ、確実に副作用が出ると言うことではないそうです。また、めまいや胸やけ、頭痛等もあるそうです。有効成分にミノキシジルを使った医薬品 リアップX5では、副作用による頭痛、めまい、吐き気などの症状が報告されています。

育毛剤の有効成分にフィナステリドを使用したものは、ごく一部ですが、胃の不快感や男性機能(勃起不全、精子減少など)の低下です。代表的な商品にプロペシアがあります。あと妊娠中の女性がフィナステリドに触れると胎児に良くないそうです。

女性用の育毛剤は、ほとんど刺激のないものが多いので、特に心配ないようですが、海外品には気をつけた方がいいようです。成分記載のない商品ある為。育毛剤の成分によっては、肌に合わないことによる抜け毛の原因になることもまれにあるそうです。

使い始めによる脱毛がある一定の人に現れる症状で、育毛剤を使い始めると毛が抜ける。初めは抜け毛が気になりますが、だんだんと抜ける量が少なくなり、抜けた所から生えてくるそうです。デメリットは、年々育毛剤の値段が上がっています。

それと、毎日使用しないと効果がありませんので毎月のコストかかります。だいたい1本7,000円前後で1か月分です。余談ですが、私自身毎日全体に使用しますので、2本使います。全体的に薄くなりはじめたので、全体に付ける分お金がかかります。

育毛剤に頼っている間に薄毛は進行するみたい。なので頭皮のマッサージを毎日欠かさずすることだそうです最近、発毛効果がある医薬品育毛剤のリアップなどが、取り上げられていますが、その成分であるミノキシジルが反面、副作用がでるのも本当の様です。

手足のむくみや頭皮の炎症、動悸、めまい、身体がだるくなるなどです。ミノキシジルは元々、高血圧を治療するための薬とされています。取り入れることで血圧を下げる作用があり、副作用がでるそうです。

最近人気のリアップですが、確かに発毛効果はあるみたいです。私自身も愛用しています。頭皮の毛細血管を刺激して血行を良くして、髪を太くする効果は実感していますが、抜け毛を防止する成分は実は入っていないのです。

抜け毛成分の入った育毛剤と併用が、必要なのかなと思います。育毛剤には、男性用(メンズ)と女性用(レディース)がありますが、男性用の育毛剤の方が、成分が女性の方に強すぎて赤みを帯びてしまうことがある為、それぞれ専用の育毛剤に分けている様です。

男性の育毛剤は、脱毛の予防をする為、女性の育毛剤は、薄毛を解消する為の様です。育毛剤は、食生活の乱れや病気のないのが前提で、効果があるそうです。例えば、たばこをよく吸う、お酒をよく飲むとか頭皮に炎症がでているなど。

健康な頭皮なら育毛剤の浸透も良く、太く強い髪になる様です。育毛剤の浸透力をアップさせる為に、赤外線ドライヤー(ヤーマンのドライヤー)。また、育毛機器(バイタライザー)を使用している方もいる様です。オススメしたいのが、チャップアップです。

いろいろなサイトの評価や口コミで評判がいいようです。まず4年以上の販売実績がある、毛髪医師が推薦(副作用がない)、浸透性が高い、低刺激性、育毛剤とサプリのセットで約1万円、無期限返金保証が付いています。

しかも解約が可能(定期コース、初回もOK)あとDHTの抑制効果がある。(抜け毛抑制の効果大)、無添加、無香料、べたつきがないなど。

育毛活動の為の食生活

育毛で一番大切なことは、バランスよく食事を摂ることだそうです。髪の毛は、食べた物から生成されるもので、栄養が不足していたり、偏っていたりすると育毛剤の効果がないそうです。

髪の毛は、タンパク質で形成されており、摂取することは大切なことですが、多く摂取すると脂質も多くなり皮脂分泌により毛穴を詰まらせる原因になるようです。その為に、ビタミンやミネラルなどの栄養も摂取することが大切だそうです。

良質なタンパク質を摂る。代表的なものに大豆(豆腐、納豆、みそ)で、脂の摂りすぎがなく、食べやすいのがいいです。大豆の成分イソフラボンが男性ホルモンの過剰分泌を防ぎ抜け毛を防ぐそうです。

イソフラボンは、AGA(円形脱毛症)の原因である、ジヒドロテストステロンの生成を防ぐそうです。

ビタミンAを摂る。ビタミンAは、頭皮や髪の毛の健康に欠かせないもので、かぼちゃ、にんじん、ほうれん草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれているそうです。食べ方は、油で炒めたり、サラダにして食べるのがいいそうです。

ビタミンB6を摂る。血液を作ったり、アミノ酸の代謝にかかせないもので、マグロやかつお、サバ、アジなどの青魚(高たんぱく質で消化がいい)を食べるのがいいそうです。

ビタミンDを摂る。カルシウムの吸収を良くするもので、カルシウムは、髪の黒い色素を作ってくれるそうで、主に魚を食べると髪にいいそうです。

ミネラルを摂る。塩分、亜鉛、銅、カリウム、ナトリウムなどの物質のことで、牡蠣や青魚や緑茶などが多く含まれているそうです。特に亜鉛は、脱毛を抑える効果があり、代表的な食べ物に牡蠣は、亜鉛以外にもアミノ酸も多く含まれています。

ネギ科を摂る。玉ねぎやニンニク、ニラなどは、アリシンという物質が含まれており、血流を良くする働きがあるそうです。

以上最低限気を使わなければいけない食生活です。バランスの摂れた食生活を心がけて、髪の毛のために頑張ってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする